HASH#FUKUOKA

CLOSE

「技術革新の先端に位置する都市に」 CNNが高評価するイノベーション都市・福岡のポテンシャル

福岡を愛する皆様、朗報です。

世界200カ国以上で視聴可能なアメリカのニュース専門チャンネル「CNN」がイノベーション都市を紹介する番組で、我が福岡を取り上げました。

当該番組は、平成28(2016)年8月20日に放送されたCNN NEWS NOW。同番組内の「INNOVATIVE CITIES」というコーナーにて「アジアの都市変革」と題した特集が組まれ、ここにソウルやシンガポール、香港など大都市と並び福岡が紹介されたのです。

特集のテーマは、アジアの都市で現在どんなイノベーションが起こっているのか、について。CNNは福岡をイノベーション都市と認知しているよう。

冒頭、福岡はこのようなナレーションとともに紹介されました。

「福岡は東京のような高層ビルや、京都のような観光客であふれかえる寺院もない。しかしよく見てみると、他の都市と際立って違っている」(同番組より)

世界のCNNから見て、福岡は「他の都市と際立って違っている」とのこと。これはなかなか言ってくれます。

続いて番組は“日本は全体として高齢化が進み、人口の減少も進んでいる。そうしたトレンドに明らかに抗しているのが福岡。明らかに若者が多い街”とのナレーションが。

高島市長はCNNのカメラにこう答えます。

「これまで20年間に及ぶ日本の経済的苦しみを過去のものにするため、ビジネスを拡大し、成長分野に雇用を移していかなければならない」

「福岡を日本の新興企業のメッカにしたい。アマゾンやスターバックスといった世界企業が、首都から遠く離れたシアトルという港街で成長したことに衝撃を受けた。環境が似ている福岡にも可能性はある」

20161027CNN02.png

次に、市が支援する「スタートアップカフェ」を利用して起業した例を紹介。取り上げられたのは、企業と学生をつなぐクラウドソーシングサービスを展開する株式会社ikkai。ikkaiは、福岡で外国人が起業する際に、優遇措置が受けられる「スタートアップビザ」を利用して創業した企業。番組ではYasmine Djoudi(ヤスミン・ジュディ)さんとThomas Pouplin(トーマス・ポプラン)さんのふたりの共同経営者が登場しました。

ジュディさんは、福岡でビジネスを展開するメリットを、以下のようにコメント。

「外国人として起業することはストレスが多いが、福岡市は規制緩和や財政的なインセンティブがあり有利です」

とかく日本は、外国人に対して閉鎖的だと指摘されることが多いのですが、ジュディさんは福岡市の“開かれた側面”に言及してくれたようです。

さらに、株式会社ヌーラボのCEO・橋本正徳さんも登場。ヌーラボはグローバルに展開するWebサービス開発企業であり、橋本さん自身も、福岡のIT・スタートアップシーンを長年牽引してきた中心人物でもあります。

そんな橋本さんは、「福岡は、東京や大阪のようなトップダウンモデルではなく、コミュニティが中心となって新しい企業やサービスづくりをサポートしているのが特徴的です」と語り、福岡のビジネスシーンには“草の根”から新しいものが生まれる土壌があることを紹介。このあたりはまさに、冒頭のナレーションにあったように、“他の都市と際立って違う”ところなのかもしれません。

ナレーターは最後にこんな言葉を投げかけます。

「日本の南端にある福岡が、これからは技術革新の先端に位置するのかもしれない」

CNNの未来予想。世界標準の報道機関が、福岡の現状、そしてポテンシャルを取材したうえで出した、この結論を現実のものとできるかどうかは、これからの福岡の“本気”にかかっているのではないでしょか。

 

【関連リンク】
CNN Tech
http://money.cnn.com/2016/11/16/technology/fukuoka-startup-city/index.html

WEEKLY RANKING