HASH#FUKUOKA

CLOSE

自分の力を思う存分に発揮したい! 福岡発“世界市場で戦う企業”で働く

福岡市は成長著しいアジアの主要都市に近いということもあって、十数年前から海外に向けた事業展開を行う企業が増えています。主にスマートフォンアプリを開発・運営する株式会社エニセンスもそのひとつ。平成19(2007)年設立、福岡市に本社を置く会社です。創業当初は携帯電話の公式コンテンツプロバイダ事業を展開していましたが、代表取締役の熊谷昭彦氏がかねてから目標にしていた「海外進出」を実現させるため、今年からスマートフォンアプリ事業に専念して事業拡大に乗り出しています。
そんな同社に、平成23(2011)年に入社した村田愛瑠正(むらたあるま)さんは福岡県大牟田市出身の27歳。地元でWEB制作について学んでいた頃、ひょんなことで参加した企業イベントで同社に興味を持ち、入社するに至りました。
今回は、そんな村田さんにお話を伺いました。


――御社のビジネスについてお聞かせください。

村田 現在、弊社では「スマホファーストで人々の生活を豊かにする」をテーマに掲げ、海外に向けた事業展開をしています。具体的には、アジア各都市の企業などに対応できるメディア事業部を設置し、海外企業との連携に取り組んでいます。また、弊社では、会議室に畳を導入しておりまして、海外からお客様がいらしたときはその会議室を使用しています。

IMG_2021.JPG

――福岡は空港へのアクセス、アジア各都市への直行便も充実していますが、福岡市を拠点としているのは、海外進出を考えてのことでしょうか。

村田 海外進出というと少し大きく聞こえますが、弊社代表の熊谷が県内(飯塚市)出身なのも福岡市に会社を設立した理由のひとつです。ただ、そもそも熊谷には「あらゆるビジネスは、いずれ日本向けや海外向けという区切りはなくなるだろう」という考えがあって、創業当初から海外に向けての事業を見据えていたというのはありますね。いろんな事業に取り組み試行錯誤した結果、スマホアプリ事業が一番だという結論に至ったわけです。

――これまでの7年間の事業は、海外に向けての準備期間だったと?

村田 はい、弊社ではそう捉えています。弊社の考え方は、私自身、非常におもしろいなと思っておりまして、「常に新しいことにチャレンジしてみる」とか「同じことを2度やらない」といった考え方があります。あと、アイデアは社員全員で考えるので、会議などでも実際にユニークな発想が飛び交います。例えば、弊社の近くにある、オフィス街の中心にある「天神中央公園」で会議をやり、机を囲んでアイディアブレストを行ったこともあります。この7年間の取り組みは確かに“準備期間”ではありましたが、今後につながる良いステップアップになると思っています。

IMG_2026.JPG

――今後、どんな事業展開をしていくのでしょうか。

村田 弊社では、社員全員が「自分がつくったものを海外へ発信できるように」と考えて取り組んでいます。具体的には、平成28年までに5000万ダウンロードを目指し、弊社では「アプリファーム」と呼んでいる独自のアプリダウンロードサービスの制作を考えています。そのために、まずは今年12月までに20本アプリのリリースを進めています。あと、現在はAndroidアプリが中心なので、iOSにも対応できるように動いています。

――村田さんのご出身は大牟田市ということですが、福岡市での働きやすさはありますか?

村田 福岡は、クリエイティブな考え方を持つ人が多く、周りにも経営者が多いように感じます。そういった環境の中で仕事をしていると、常に新しいことにチャレンジできるのではないでしょうか。自分のやりたいことにチャレンジでき、自分の力を思う存分に発揮できる……福岡にはそんな恵まれた環境があると思います。
 

【プロフィール】
村田愛瑠正(むらたあるま)さん
福岡県大牟田市出身
WEB制作について学んでいた頃、福岡市で行われた企業イベントに参加し、同社に興味を持つ。平成23年入社。

【関連リンク】
■株式会社エニセンス
http://anysense.co.jp
平成19年、ウェブ関連のサービスを行う企業として創業。海外企業とも取引きをしつつ、平成26年からスマートフォンアプリ事業に専念する。従業員数は11名(平成26年10月現在)。



WEEKLY RANKING