スーパーコンパクトシティ福岡 移動のストレスなし!? 公共交通機関の充実度をチェック

職住近接の人が多い福岡市。家賃が東京に比べて安価なので、オフィス近くに住居を構えることが可能で、自転車や徒歩で通勤する人も多くいます。福岡市内であれば、地下鉄・バスなどの公共交通機関が縦横無尽に走っているため、クルマがなくてもさほど困ることはありません。

もっとも早くて確実なのが地下鉄で、空港線・箱崎線・七隈線の3本が走り、約5~8分の間隔で発着しています。さらに、七隈線が天神南駅から博多駅まで延伸予定となっており、西南部から博多駅までの移動時間は約 14 分も短縮します。延伸工事はすでに着工済みで、平成32(2020)年には完成する予定です。

img0551.jpg

市中心部および市内・近郊への路線バスは、西鉄バスが運行しています。

「福岡都心100円循環バス」のように、中心部を移動するのに便利な循環バスも運行しているので、ふだんは自転車や徒歩で通勤し、天候が悪い時や夜遅くなった時はバスや地下鉄を使う、というのも一つの手でしょう。

どのようなビジネスでも、仕事相手とは直接会って話す、対面のコミュニケーションが重要。それはIT・デジタル業界でも同じです。コンパクトシティ・福岡なら、よりフットワーク軽く、気軽に取引先を訪れやすくなります。物理的な距離が縮まることで、ビジネスがスムーズにできるだけでなく、移動時間が短縮される分、その時間を仕事やリフレッシュに充てることができ、より有意義な時間の使い方ができるのではないでしょうか。

アクセスランキング