HASH#FUKUOKA

CLOSE

「アジアの壁」&「怪物」が福岡市民の仲間入り! 地元民おすすめスポットを緊急調査!!

現役時代、「アジアの壁」と謳われた井原正巳氏が、サッカーJ2・アビスパ福岡の監督に就任しました! 一方、野球界では米大リーグの名門ボストン・レッドソックスなどで活躍した怪物・松坂大輔投手が福岡ソフトバンクホークスに加入し、話題となっています。アビスパが目指すのは、平成22(2011)年以来のJ1昇格。そして、ホークスはリーグ・日本シリーズ連覇が期待されており、これらの達成には2人の采配・活躍がカギとなりそうです。

そこで、今回は「Welcome to Fukuoka」ということで、2人におすすめしたい福岡のホットなスポットを福岡市民に聞いてみました! 


◆市民憧れの住宅エリア「百道」など早良区が人気の結果に
「スポーツ選手が住む場所といえば、百道(ももち)でしょうか。福岡ドームに近いので、ホークスの選手も住んでいる、という話をよく聞きます」(20代・女性・会社員)

百道は福岡を代表する高級住宅地。お洒落なマンション、一戸建て住宅が立ち並ぶだけでなく、行政機関や学校、大きな総合病院も開設されており、利便性も高い場所です。

img0416.jpg

「西新(にしじん)がいいと思いますよ。『勝鷹夢まつり』のようなお祭りもありますし、アットホームな飲食店も多いんです」(30代・男性・会社経営)

西新は百道と同じく早良区(さわらく)にあるエリアで、かつて『サザエさん』原作者の故・長谷川町子さんも暮らした街。このエリアは会社経営者も数多く住んでおり、ホークスの王貞治会長行きつけのお店もあるのだとか。松坂選手、是非、早良区をチェックしてみてください!

◆ナイトスポットの定番「天神」「中洲」……そして、「博多」も外せない!
一方、食事や遊びについてのおすすめスポットを聞いてみると、やはり天神や中洲を推す声が多数。アビスパやホークスの選手だけでなく、他地域をフランチャイズにしているチームの選手も多く訪れる九州最大の歓楽街は、絶対に外せないスポットです。それと並んでおすすめしたい場所がJR博多駅周辺。

「みんな天神とか中洲って答えるでしょう? でも、僕がおすすめしたいのは博多。博多あたりも、めちゃくちゃおいしい食事を出してくれるお店が多い。4年前に阪急ができて、来年には丸井もオープンします。これから、博多はもっと変わっていくと思いますよ」(40代・男性・会社役員)

また、福岡ならではの料理も楽しみたいところ。市民からは「某県が『うどん県』のキャッチコピーを使っているけど、うどんの発祥は福岡。博多うどんをぜひ食べてほしい」(30代・男性・会社員)、「鍋の〆はやっぱりちゃんぽん」(40代・男性・会社員)といった声が。

さらに、こんな意見も。

「玄界灘で獲れるサバは、格別においしいんです。ごまさばは、お刺身にタレと胡麻を和えただけの簡単な料理なんですが、お酒はもちろん、ご飯ともよく合います」(50代・男性・会社員)

まるごと(ゴマサバ)>img0803.jpg

料理やお酒以外でも、「のこのしまアイランドパーク(能古島)の『のこのこボール』は、福岡市民だったら1回はやるべき」(30代・女性・会社員)、「志賀島まで続く『海ノ中道』のドライブは気持ちいいですよ」(30代・男性・会社員)といった、余暇を楽しめるおすすめスポット情報も聞けました。

サラリーマンの転勤したい都市ランキングでは常に上位に選ばれ、また、英誌「MONOCLE」が毎年誌上で発表している「クオリティ・オブ・ライフ -世界で最も住みやすい25の都市ランキング」ではトップテン入りを果たすなど、日本のみならず世界的にも住みたい/住みやすい都市に選ばれる福岡市。

そんな街の一員になった井原監督と松坂選手のおふたり。この街の心地よさと市民の熱~い声援を糧にして、最高のパフォーマンスを期待していますよ!

WEEKLY RANKING