HASH#FUKUOKA

CLOSE

福岡で活躍するエンジニアや起業家が大集結!? その名も「FITS2015」

5月29日、エンジニアと企業、福岡全体のITの技術力向上を目指して、福岡情報技術サミット「FITS(通称:フィッツ、Fukuoka IT Summit)2015」が開催されます。

平成26(2014)年、福岡のエンジニアの成長・育成をテーマに初めて開催され、今年2回目を迎えまる同イベント。FITS運営委員会委員長であり、株式会社グルーヴノーツ代表取締役会長である佐々木久美子さんはこう話します。

「福岡には面白い企業がたくさんあるものの、エンジニアにとっては、そういったリアルな情報を得られる場がなく、企業とエンジニアのマッチングができる場の必要性を感じていました。そのため、イベント形式で情報をわかりやすく伝えようと昨年、初めて開催したのがFITSです」

photo_01.jpg

福岡では、エンジニアの採用が活発化していますが、それでもなお、地元大学の卒業生の「県外流出」など抱える問題があるのだとか。「良い学校や企業はたくさんあるのに、面白いことや技術力のある素晴らしい会社の認知度が低い。また、スタートアップブームや企業誘致が進む中で、人材の獲得が難しい現状がある。優秀なエンジニアをどうやって福岡で育てるか・とどまってもらうかという課題解決には、私達自身も含め、技術力や情報発信力のボトムアップをする必要があると感じた。」と言います。

そんな中、昨年、FITSのテーマに選ばれたのは“優秀な人材とは?”。

そして、第2回目となる今年のFITSのテーマは「最先端のテクノロジーを学び、これからの仕事とキャリアを考える」。佐々木さんは、意気込みをこう語ります。

「ふつう、こういったIT技術やスタートアップ関連のイベントでは、起業家本人にフォーカスする場合がほとんどですが、起業を成功させるには、配偶者や親をはじめ、仕事を支えてくれる家族の役割が欠かせません。そこで今回は、起業家を支える家族の視点を持ち込んだり、すでに社会で活躍する女性のリーダー像に迫ったり、女性ならではの目線も取り入れ、複数のトークセッションを開催します」

トークセッションのテーマも様々。たとえば「場所にとらわれない働き方」に関するトークセッションには、バスアプリ「にしてつバスナビ」の開発者で「株式会社からくりもの」代表の岡本豊さんはじめ、リモートワーク実践中の企業が登場します。また、「起業家を支える家族として」というトークセッションでは、株式会社リーボ代表取締役・松尾龍馬さんの妻・松尾綾さんもゲストスピーカーとして登壇する予定。こちらは、起業家を支える側の、リアルな声が聞けそうです。

イベントの開場時間は朝の10時。会場は中央区の西鉄イン福岡2Fです。エンジニア本人の技術向上はもちろんですが、これからスタートアップをしようと考えている家族の方にも必見の内容になるのではないでしょうか。


【関連リンク】
福岡情報技術サミット「FITS 2015」
http://fukuokait.com/



WEEKLY RANKING