HASH#FUKUOKA

CLOSE

レベルファイブ、LINE Fukuokaに就職できる!? 福岡クリエイティブキャンプ2015、ついに始動!

人気ブロガーのイケダハヤトさんが、今年4月、「移住初心者は『福岡』に行け!実際に行ってみてわかった7つのメリット」と題した記事を自身のブログに掲載したりと、各方面から「移住するなら福岡」という意見を目にする機会も多くなりました。

とはいえ、いざ「移住するぞ!」と意気込んでも、いまの仕事を辞めても食べていけるのかと一抹の不安がよぎる人も少なくないはず。そんな方には「福岡クリエイティブキャンプ」への参加をおすすめしたいと思います。

福岡市が昨年から主催するこのプロジェクトは、主に首都圏で活躍しているITやデジタルコンテンツの開発経験者であるクリエイティブ人材の福岡市内企業へのU・Iターンを応援するというもの。昨年度は2カ月間、福岡のクリエイティブ企業で「トライアルワーク」として働くことができる取り組みを実施しました。

そして今年度も「福岡クリエイティブキャンプ2015」としてパワーアップして再始動することが決定! 市内企業への転職紹介や、移住に関する情報提供など、転職・移住に必要なサポートを無料で実施します。ゲーム、Web、システム・サービス、CG・映像などさまざまな業界から30社以上が既に登録済みで、今後も順次拡大予定。

株式会社レベルファイブ企業ロゴRGB.jpg
LINEFukuoka株式会社企業ロゴ.png
中には、あの『妖怪ウォッチ』で知られるレベルファイブやLINE Fukuokaなど、話題の企業が多数参加するのもポイントでしょう。また今回は、同プロジェクトを通して市内の企業に転職すれば、福岡クリエイティブキャンプ応援金として40万円(※)が交付されることも決まっています。

20150723クリエイティブキャンプHP.png

福岡クリエイティブキャンプへの参加方法は2つ。応募したい企業が決まっている場合は、プロジェクトの特設サイトの各企業紹介ページから、希望する企業へ直接エントリー。希望の企業が決まっていない場合や自分に合った企業を探したい場合は、特設サイトから登録すれば、運営事務局から希望に応じた企業を紹介してもらえます。

また、クリエイティブキャンプを盛り上げるイベントやセミナーも続々と開催予定。第一弾は、国内外で活躍するCGプロダクションModelingCafe福岡支社代表の北田 栄二氏による「制作環境」におけるプロダクションワークフローの解説や、「福岡市で働く」をテーマとしたModelingCafe×福岡市による座談会も開催。

自分の「働きたい!」が必ず見つかる、福岡クリエイティブキャンプ2015。福岡への移住に少しでも興味があるなら、一度チェックしてみてはいかがでしょう?

※福岡クリエイティブキャンプ応援金は、県外からの移住者で、本プロジェクトを通して市内企業で2か月以上就業された方が対象です。応援金の募集定員は30名となっています。

 

【関連リンク】
福岡クリエイティブキャンプ2015 公式サイト
http://fcc.city.fukuoka.lg.jp/

【セミナー概要】
日時:2015年9月4日(金)18:00〜20:00(予定)
会場:デジタルハリウッド東京本校
詳細は後日「福岡クリエイティブキャンプ2015」公式サイトにて公開します。

【関連記事】
北海道から沖縄まで、日本全国6地域の移住クリエイターに聞く 「地方移住クリエイターサミット 2015 in TOKYO」(2015.3.5)
初の“地元”開催のぼくらの福岡クリエイティブキャンプ プロジェクトを通して実際に移住した人の声は?(2014.12.26)
ぼくらの福岡クリエイティブキャンプ 初の大阪開催で垣間見えた「地方移住の波」(2014.12.4)
今度は京都とタッグ ついに関西に上陸する 「ぼくらの福岡クリエイティブキャンプ」(2014.10.23)
暮らしは? 仕事は? 聞いてみたい移住者のホンネ 「ぼくらの福岡クリエイティブキャンプ」レポート(2014.10.14)

WEEKLY RANKING