HASH#FUKUOKA

CLOSE

今年度はレベルファイブやLINE Fukuokaも参画!! 企業誘致担当者が教える「福岡クリエイティブキャンプ2015」

IT・デジタル業界のクリエイティブ人材の福岡移住と就職をサポートする「福岡クリエイティブキャンプ(FCC)」。平成26(2014)年度から福岡市が実施しているプロジェクトで、2年目となる今年は、「妖怪ウォッチ」で知られるゲーム会社「株式会社レベルファイブ」や「LINE Fukuoka株式会社」などの有力企業が新たに参加しています。

そんなFCCの魅力や昨年の実績、今後の展望について、福岡市役所で企業誘致を担当する内田沙弥香さんにお話を伺いました。


――まず、福岡クリエイティブキャンプ2015の仕組みやサポートの内容について教えてください。

内田 福岡クリエイティブキャンプ2015(FCC)では、FCCを通して、県外から移住・福岡市内のクリエイティブ企業に就職された方へ、応援金として40万円を交付いたします。また、企業紹介や職場見学などの転職サポートも無料で行います。面接前に福岡に来るタイミングがないという方でもWEB面談を通じて、会社の雰囲気をつかんでいただくことも可能です。

もし、希望する企業様へ就職が決まらなかった場合でも、ご自身の経験や適性から他の企業様をご紹介するサポートもあります。単に応援金を支払うだけでなく、きめ細やかなマッチングを行っていきます。

――移住後のサポートもあるのでしょうか?

内田 もちろんです。FCCは、入社が決まった後も、企業様への定期訪問や本人との面談を重ね、不安を取り除くサポートを行います。先輩移住者との交流会やお悩み相談なども開催しますので、移住後も安心して仕事に取り組むことができると思います。

――そもそも福岡クリエイティブキャンプが発足した背景には、どんな理由があったのでしょうか?

内田 福岡市内に拠点を構える際に懸念されるのが「福岡で優秀な人材を確保できるのか?」ということです。福岡市は理工系の学生が多く人材も豊富ですが、企業の核となりえる“経験人材”という部分では東京と比べるとまだまだ不足しています。FCCを始めたのは、この不足する“経験人材”を福岡になんとか呼び込むことができないかというのがきっかけでした。

まず、平成25(2013)年度に初めて移住転職支援イベントを開催したんですが、非常に多くの方が参加され、福岡移住に興味を持っている方がいらっしゃることが分かり手ごたえを感じました。その一方で、やはり仕事や収入など不安な部分があり、現実問題として移住のハードルが高いとの感想も多く見られ、課題が見えてきました。

そこで、そうした課題を解消するため平成26(2014)年度からFCCをスタートさせ、実際に福岡市内のクリエイティブ企業で2ヶ月間OJTとして働いてもらい、企業様は参加者のスキルの把握、参加者は会社の雰囲気や業務内容などを事前に体感してもらい、正式採用につなげようという取り組みを実施しました。

――昨年度の取り組み実績はどうだったのでしょうか?

内田 昨年度は、15名の方にOJTを経験していただき、そのうち8名が実際に移住・就職へと繋がりました。ただ、初年度ということでやはり課題もありました。2ヶ月間のOJTに参加するためには、就業中の方には会社を辞めて来ていただく必要があった上、OJT後の採用が保証されていなかったので、参加者にとってはリスクが大きいというお声をいただいたんです。そういった課題から今年度は、さらに多くの方に挑戦していただけるよう、県外からFCCを通して就職され2ヶ月以上の就業が認められた方に、インセンティブとして応援金40万円を支給するというシンプルな支援内容に変更しました。また、転職時のサポートに加え、定期訪問や交流会など移住後のサポートも充実させることで、少しでも移住への不安やリスクを軽減できるよう取り組んでいます。

20150930_fcc_uchida_1_1.jpg

――今年度は
、「株式会社レベルファイブ」や「LINE Fukuoka株式会社」など、ゲーム・IT業界で最も注目されている企業が参加している点も見逃せません

内田 参加されている福岡の企業様は、“チーム福岡”として団結して福岡にいい人材を集めようという共通の思いを持っています。例えば、「株式会社レベルファイブ」さんは以前から「福岡をゲーム業界のハリウッドに」という目標を掲げられ、企業の垣根を越えて、力を合わせて福岡を盛り上げようとされています。福岡は産学官で一緒に盛り上げたいという意識が共通して高く、企業様の熱い思いと、FCCの考えが合致したということもあり、今回興味を持っていただけたと思っています。

――福岡クリエイティブキャンプ今後の展望を教えてください。

内田 今後、制度は変わっていくかもしれませんが、行政としてクリエイティブ産業の振興・支援をしていくという思いは変わりません。この事業を通して、福岡には優秀な企業があり、自分のやりたい仕事ができる、と県外の方に思ってもらえる流れを作りたいと思っています。もっともっと多くの方に「デジタルコンテンツといえば福岡だ!」と福岡に目を向けていただきたいですね。

福岡市と注目企業が協力し、クリエイティブ人材の移住と転職を手厚くサポートする「福岡クリエイティブキャンプ2015」。平成27年10月4日(日)に東京で開催されるFCC主催のイベントは好評につき定員に達してしまいましたが、10月24日(土)に大阪で開催のイベントは申込受付中です。福岡に拠点を置くクリエイティブ企業の座談会や、福岡在住クリエイターたちの生の声を聞くことができる懇親会なども予定。福岡移住に興味のある方は、一度参加してみてはいかがでしょうか。

CGWORLD CREATIVE MEETING
開催日:東京 10月4日(日)/大阪 10月24日(土)
時間:13:00~18:30
会場:東京 デジタルハリウッド東京本校/大阪 大阪電気通信大学(寝屋川キャンパス)
参加費:無料
主催:CGWORLD/福岡クリエイティブキャンプ
FCC公式サイト:http://fcc.city.fukuoka.lg.jp/
※10月4日のCGWORLD CREATIVE MEETINGは、好評につき定員に達しましたので申込受付を終了いたしました。

【関連記事】
福岡クリエイティブキャンプ2015始動  デジタルアーティスト・北田栄二氏が福岡永住を決めた理由とは(2015.9.18)
レベルファイブ、LINE Fukuokaに就職できる!? 福岡クリエイティブキャンプ2015、ついに始動!(2015.7.23)



WEEKLY RANKING